【タロット占いやり方】Q不安で仕方がない。そのアドバイスとは?

私自身20代から、人生の岐路を迎えた時には毎回信頼しているヒーラーさんのタロット占いへ行っていました。自分の決断の方向性や、どうにも不安で不安で仕方がない時、何でもいいからアドバイスして欲しい!って時にお願いしていました。

今回は私の体験談をお話します。

どうにもこうにも不安で不安で仕方なかった時

私の仕事人生で一番大きなプロジェクトのステージマネージャー(現場監督)を任されていた時、翌週から始まるリハーサルを上手く回す事が出来るか不安で不安で不安で不安で…。現場監督がこんな気持ちでは良くないけど、どうやってモチベーションを上げていいかもわからず、たまらずヒーラーさんの所へ行きました。

相談内容

  • 来週から始まるリハーサル。自分が全てをまとめないといけないが、到底自分がまとめられると思えない…。
  • 不安で不安で不安で不安で…。怖さがある。逃げたい。
  • 何でもいいからアドバイスが欲しい。

こんな感じ。たぶん目の焦点が合ってないくらい不安に押しつぶされそうなやばい状況でした。藁にもすがる思いってやつ。

天使からのアドバイスとは!?

「想像してみて!本番の舞台で絶対間違えちゃダメだと不安いっぱいで踊っているダンサー。もう1人は、ちょっと間違えても気にしない、踊りが大好きで心から楽しんでいるダンサー。どっちのダンサーが見てて魅力的かお客さんは見てわかると思わない?」

「リハーサルでしょ?間違えたら誰かに怒られるの?誰かから「金返せ!」って言われるの?」

「トップがガチガチで厳しいと全体がピリピリした空気になり、他の人も失敗が許されない緊張した現場になるでしょう。」

「又は、リハーサルだし失敗しながら間違えながら創り上げていきましょう!失敗を気にせず、のびのび行きましょ〜!という現場」

「現場の空気はトップのモチベーションで、ガチガチにもなるし、和やかな空気を造る事が出来る。あなたはトップとして、どっちの空気を造るの??」

「不安がいっぱいで怖くても、あなたなら和やかな空気を作れるでしょ!?」

もうね。最初のダンサーの例えで、ハっ!と気がついたね。私のモチベーションで現場の空気が変わる。もちろん、私が作りたい現場は

「和やかな空気」

一瞬でスイッチが切り替わりました。時間通り進まない事があっても、誰かが失敗しても、意見が合わないような事があっても、冷静に対応しようと。

あの時「覚悟を決めた」ので、リハーサルの当日は「上手く回そう!」よりも

「どんな事があっても冷静に、和やかに、楽しんで」

という気持ちを持って、1ヶ月におよぶリハーサルをどうにか終える事が出来ました。

本当にあの時、ヒーラーさんを頼ってアドバイスをもらって良かった〜。もし自分だけの力でどうにかしようとしていたら、どうなってたんだろう…?

もはや想像するのも怖い…。

まとめ

このように何か自分の力だけじゃ乗り越えられそうもない壁がある時は、友人に相談するのもひとつの方法ですが、タロットカードを用いてヒーラーさんにアドバイスをもらうのもひとつの方法です。

何かモヤモヤして心が晴れない時等も、ぜひタロットカードに相談してみて下さい。きっと良い解決策がみつかるかもしれませんヨ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る