【経過報告】海外でマイホームを建てる。祈祷師による地鎮祭の様子。

こんにちは、イワです。

旦那が多忙の為、海外でほぼワンオペ育児の1週間。さすがにしんどいので、昨日は初めて旦那なしで、私と子供達だけで旦那の実家へお出かけ。カンボジアの村に行けば子供達がたくさんいるので、息子も楽しそう。生後6ヶ月の娘は、義母が色んな所へ連れ出し色白赤ちゃんを嬉しそうに見せびらかしております 笑。そしてお昼ご飯を頂き、帰ってきました。また旦那がいなくても遊びにいこ〜!っと。

さて今回は

  • 海外で家を建てる手順その②
  • 海外カンボジアの地鎮祭の様子
  • カンボジアの祈祷師のアレコレ

を紹介します。

 

海外で家を建てる手順その②

まず前回その①はこちら

前回は道を作り、囲いの塀を作り始めた所でした。道はこんな感じ。

それから10日程経って、いろいろ進んでおります。
まずは塀を囲む作業をしながら、敷地内後方に旦那の仕事用の倉庫を作るらしく一足先に着工しております。そして通年灼熱のカンボジアでは暑さをしのぐために、家の周りに背の高い木を植えます。という事で、数本ココナッツの木を植えました。この樹はまだ3年目なので背が低いですが、これからどんどん背を伸ばして、我が家を暑さから守ってくれっ!!頼んだぞ!!

その他、マンゴーの樹やら、背が低いけど私と息子が大好きなジャックフループの樹も植えよう。あと、健康の為にモリンガの樹もよろしくネと旦那に伝えてあります。←私は口出しするのみ。

 

海外カンボジアでの地鎮祭の様子

カンボジアで「アチャー」と呼ばれる祈祷師の方にご祈祷して頂き、土地を見てもらい風水のアドバイスを頂けるというもの。我が家の場合はここから家を建てなさいと、ここから先に家を建ててはいけない等のアドバイスを頂きました。

※写真の奥に見えている建物は旦那の仕事で使用する倉庫です。(デカすぎない?)

それから、この祈祷師の方に、旦那と私の誕生日と生まれた曜日から、一番良い日を計算してもらい、「家の建築を開始する日」を決めてもらいました。家が完成したら「家に住み始める日」も決めてもらいます。そういえば、私たちの結婚式の日程もこうやって決めたな〜。

 

カンボジアの祈祷師のアレコレ

祈祷師のお仕事

カンボジアにはお坊さんとは別に、祈祷師の方がいらっしゃいます。日本にも神社へ行ってご祈祷してもらう事もあると思いますが、カンボジアではもっと身近な存在です。例えば子供の体調が悪かったり、ずっと泣き止まないという理由で、すぐ祈祷師の所へ出向き、お祈りしてもらいます。カンボジアのクルクメールという伝統医療も同様。病気や怪我の具合を見て、薬草を取り繕い、お祈りしながらお酒と一緒に患部に吹き掛けて治療する医療。私も足を怪我した時と、乳腺炎になった時に行った事がありますが…効果があったのかなかったのか、よくわかりません。足の時も乳腺炎の時も結局は町の病院に連れていってもらいました。しかし息子が生後3ヶ月ぐらいの時、毎日2時間くらい泣く日が数日続き、義母が祈祷師の所へ連れていきました。私は半信半疑でしたが、祈祷してもらった日からピタリと泣かなくなりました!!日本にいるスピリチュアルな友人にその事を伝えてみると「カンボジアの祈祷師は本物だね〜。赤ちゃんの気の流れを整えたんだと思う」との事。ほえーーー!!!その事があって依頼、私はカンボジアの祈祷師を信じるようになりました。

祈祷師ってどんな人がなるの?

私はヒゲがモジャモジャのおじいさんを想像していましたが、意外や意外、私より若い20代の女性の方もいらっしゃいました!「こっこっこの人が祈祷師か!!」と思って見ていたせいか、その祈祷師の女性は目がうつろでした。そして私の息子を見るとすぐに「大丈夫、問題ない」の一言。そして私の方をチラと見て「あの人がお母さん?お母さんにこの水を飲ませなさい」と聖水を頂く。私は状況がわからず、とりあえず義母から「これを飲め!飲むんだ!今!飲め」と言われたので、ただの水だろうと思いガブっと一気飲み。「まずーーーーーいーーーーーー!!」今まで飲んだ水の中で一番渋かった 泣。 日本の神社でも祈祷した最後に御神酒を飲んだりしますから、それと一緒だと思う事にしました。

まとめ

今回はカンボジアで家を建てる手順の進捗状況と、祈祷師について紹介しました。日本でも建築前に地鎮祭をやる地域もあるでしょうし、風水や何かを始めるのに良い日を占いで決めてもらう事もあると思いますしね。その国や地域にある風習を守りつつ、海外でマイホームを建てるというのも非常に興味深く、面白いなーと思う今日この頃です。また進捗状況があったら報告致します!!

 

皆さんのマイホームの庭や室内に植物はいかかですか??



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る