コンタクトレンズ&洗浄液は通販で!眼科で処方箋と検査は必須!

こんにちは、イワです。

そうですね、小学校6年生からコンタクトレンズをつけてます。レンズはハードだったりソフトだったり1dayだったり2weekだったりと、様々なものを使用してきましたが、現在は2weekを使用中。たぶんこれからもずっと2weekを使用する事でしょう。生涯のコンタクト代を計算するとゾッとするので辞めておきますが、本当裸眼の人が羨ましいです。皆さん目は大切に!!!切実!!

今日は

  • 必須!!眼科では処方箋と目の検査をしてもらう
  • コンタクトレンズと洗浄液の購入は通販で1年分!
  • 処方箋をメールで添付し、コンタクトレンズを購入出来るショップはこちら

を紹介します。それではいってみましょう!

 

必須!眼科で処方箋と目の検査をしてもらう

私が20代の貧乏学生の頃、コンタクトレンズの節約の為、使用期限を過ぎていても使用していました。その結果1年に1回は結膜炎にかかっていました。その頃の私は「そんなもんだ」と、あまり気にしていなかったのですが、22歳の時に疲労も相まって、目にヘルペスが出来てしまいました。そう、「目」に。眼科へ行くと重傷と言われ、1週間の安静&コンタクトレンズの禁止令が出されました。目が赤いだけで、そんなに痛みもないし、ヘラヘラしていると「守れないなら入院してもらう!怒」と言われ、大人しくメガネ生活をしていました。そしてソフトレンズよりハードレンズを勧められ、いやいやでしたがハードに変えたらあら不思議。それ以降結膜炎になる事はなくなった。「目って大切なのね〜」と、実感した経験でした。それからは、きちんと1年に1回は眼科へ受診してから、コンタクトレンズを購入していたのですが、一生つきあっていくコンタクトレンズをどうにかお安く購入出来ないかと思っていた所、出会いましたよ通販に。お安く購入出来るじゃないっ!!でもさ、買おうと思えば処方箋なくとも買えちゃうのも事実。昔の私の様に目が重傷化してから眼科へ行って欲しくないので、ルールは守って節約する。眼科医が推奨してる通り1年に1回は受診しましょう。

 

コンタクトレンズと洗浄液は1年分まとめ買い

コンタクトレンズの処方箋では、1年間分が購入出来ます。1年分以上は購入出来ません。半年後も1年後も絶対使うので、私はいつも1年分まとめて購入します。その方が高額になり送料無料になったりとお買い得!そしてついでに洗浄液もね、以外と重いのよね。以前ドラックストアでコンタクト洗浄液のお買い得品を見つけて即買いしましたが、幼子を抱っこした上に、リュックに洗浄液を2箱。とても重くてその場で購入した事を後悔しました。以後、安かろうと家まで届けてくれる通販で買おうと決めたのでした。

私は色々と忘れっぽい人間です。なのでそれを踏まえて上で色々と計画的に過ごしています。例えばコンタクトレンズは誕生月に1年分購入する事にしています。毎年同じ月で買う事で、去年いつ買ったかな?と悩む必要はありません。そして私はここ5年くらい2weekの使い捨てコンタクトレンスを使用しています。これもピッタリ2weekで交換するのは毎回覚えていられないので、毎月1日と15日に交換します。ね!?これで忘れないでしょ?忘れても今日の日付を思い出すだけで、新しいものを付けた方がいいのか、まだ数日使えるぞ!になるのかがわかるのです。簡単っ!これからもこの方法でいきます。

 

処方箋をメールで添付し、コンタクトレンスを購入出来るショップ

それはこちら、ベストコンタクト通販 様

眼科を受診して手にした処方箋の画像をメールに添付し、自分の名前を記入し送信。それだけ。処方箋には眼科の先生と決めたコンタクトレンズの種類や、データーが記載されているので、細かく自分で入力しなくてOKと、楽チン。違うショップだと、処方箋なしで購入出来るショップもありますが、こちらは必ず処方箋がないと販売しないという徹底したお店なので、それだけで信頼が持てます。洋服はカバン等は安くても関係ありませんが、自分の身体の事です。安く入手したいがあまり、いけないルートで購入しその後病気になってしまっては、元も子もありません。病院代の方が高くつく可能性もありません。なのでもう一度言いますが、ルールーを守って節約しましょう!! お勧めです!! こちらのショップは1万円以上で送料が無料となります。コンタクトレンズなんて小さく幅も取らないので、是非1年分まとめて購入しちゃいましょう。

 

まとめ

今回は眼科で目の検査をして処方箋をもらって、通販サイトでコンタクトレンズを買う方法を紹介しました。自分の身体の事は、信頼出来るショップで買うのが一番。自分の身体を大切に扱って下さいね。それではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る