カンボジアのお寺で聖水を浴びた理由。

昨日お義母さんが「旦那の不吉な夢を見た」とのことで、家族でお寺へ聖水を浴びに行きました。

私は3回目の聖水浴び。

所要時間5分程度。

毎回終わったあとは、身体が軽くなりとってもスッキリ!!

カンボジアのお祈りは本物です。

息子はお祈りだけして、途中リタイアしました 笑。

まもなく1才になる娘は、泣きながらも最後まで出来ました。

先祖を大切にする

カンボジアの祈りは「神様」や「天」というよりは、「先祖」への祈りです。
その為お年寄りを非常に大切にします。

カンボジアでは政府の援助等は一切ないので、全て家族で助け合う文化です。
「介護施設」や「保育園」はありません。

当たり前のように、家族で助け合うのです。

政府になんて期待すらしていないのでしょう。

全て家族で助け合う、家族で助け合わなければいけないから、子孫繁栄を大事にしております。私も「早く、子供もう1人産みなさい!」と良く言われます。

子供はたくさんいればいる程良い!という感じです。

日本人からしてみれば、すぐお金を計算してしまうので2人でギリかな?と思ってしまいますが、カンボジアはお金の事は全く気にしていない様子。

いいんだか…なんだか…。

話がそれましたが、実家の近所に、足が悪い80歳の祖母がいます。祖母が歩こうものなら、近くにいる人達がすぐ支えます。

杖は持っていません。

なぜなら、誰かしらが助けてくれるから。皆、当たり前のように補助します。

家族や人との絆がまだまだ強い文化だな〜と、驚きました。

アッパレ!カンボジア!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る