共働き夫婦で子育てしている家族の解決策をカンボジアから考えてみた。

もし私が日本で日本人と結婚していたら、日本でいう「普通」の家族の型で暮らしていただろう。

結婚して…

子供が出来て…

家(マンション)を○○年のローンで購入し…

夫婦共働きで…

子供は保育園へ。

今現在、多くの日本人家族の型。

でもね、カンボジアに嫁いで考えが変わった。

日本では

「保育園」や「介護施設」が足りていない!
国がしっかり環境を整えてくれないと!行政がもっとしっかりしてくれ!!

というニュースを、私はここカンボジアからよく目にします。

そしていつも思います。

いや…それよりも…

もっと家族で助け合えばいいんじゃないの??

どゆこと??

そもそも結婚して、マイホームを購入したら「一人前」という考えが古い。

無理してマイホームを購入しても、結局は何十年ものローンが待っている。

そこで・・・

結婚して子供が幼い間は、どちらかの両親と同居すればいい。

そうすれば、共働きの夫婦にとっても、子供にとっても、じじ&ばばにとっても良い環境なのだから。

そうすれば、働くママの「子供が熱を出したから仕事を休まなければ!」というストレスは減る。

通常は保育園へ通い、子供が熱を出した時は、家でじじ&ばばが面倒をお願いする。

そして同居生活している間に、共働き夫婦はマイホーム貯金をすればいい。

ざっと計算してみた所…

夫婦で両親に生活費として毎月5万円ずつ、計10万円支払ったとしても、

妻・毎月貯金15万、夫・毎月20万、合計毎月35万円のマイホーム貯金を8年間すると、

夫婦貯金で毎月35万円。一年間で420万円の貯金。

420万円×8年間=3360万円也

子供が小学校へ上がる時には、同居を解消しマイホーム購入出来るぐらいは貯まります。

子供が小学校へ上がる年齢になったら、子育ても一段落する事でしょう。

両親に甘えるのはみっともない!?

日本人は周りからどう思われるかを非常に気にしますからね…

大人になって両親に甘えるのはみっともないから、国に甘えるの??

国に甘えても結局は自分達、もしくは子供達にしっぺ返しが来るのに??

甘えるのではなく、家族だから助け合うんです。

夫婦にとって助けて欲しい時、じじ&ばばが助けてあげる。

数十年後…

じじ&ばばが助けて欲しい時、夫婦や子供達(孫)が助けてあげる。

家族内で助け合う事が当たり前になれば、

「保育園(保育士)が足りない」「介護施設(介護士)が足りない」は緩和されていくでしょう。

たくさんの人を助けられなくても、家族が家族を助け合えば問題は減って行く。

現にカンボジアでは

「保育園」や「介護施設」なんてほぼありません。(整っていません)

赤ちゃんや年配の方達は家族で見守るのが当たり前。

カンボジア人は家族の世話を、行政に頼もうとすら思っていません。

「そんな所に金を使いたくない」という感じです。

どっちが良いのかわかりませんが、人間らしいのはカンボジアだと私は思います。

じゃー明日から日本もそうしましょう!っという程、簡単な事ではありません。

ですが、ちょっとだけ両親に手伝ってもらっても良いと思います。

ちょっとだけ両親に甘えても良いと思います。

家族なんですから。

一切甘えない事が一人前ではありません。

日々頑張っている、共働き夫婦の皆さん

是非ご自分の家族に甘えてみて下さい。

きっと家族は「いいよ」って言ってくれますよ。

だって、家族なんですから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る