出産が怖い!?ソフロロジー法なら幸せなお産が出来るよ!!

こんにちは、イワです。

我が家の日常は毎朝6時に起床し、7時には息子の幼稚園送迎の為家を出ます。早いですよね。私も3年半、時間とは無縁の中で子育てをしていたので、いきなり6時起床は出来るか不安でしたが、出来ました。やるしかないってのもありますしね。やはり早起きは気持ちがいいので、朝から動くのは気分も良い!!

さて、今回は幸せな出産が出来るソフロロジー法についてです。

  • 出産が怖い?痛くない出産とは、どういう出産?
  • 幸せな出産とは?本当に出来るの?
  • 近くにソフロロジー法を扱っている病院がない場合

です。それでは行ってみましょう!!

出産が怖い?痛くない出産とはどういう出産?

かくいう私も第2子妊娠がわかった時は、あの出産を再び耐えるなんて無理だっ!と、「出産が怖い」と思っていた人間です。そう思っていた。「想いは実現する」という言葉を一度は聞いた事がある人もいるでしょう。そう「出産は痛い」と思ったら痛いです。でも出産は「楽しい、幸せ」と思ったら、楽しく幸せな出産となるのです。「出産が楽しいなんて、どうしたらそう思えるの?理解出来ない」過去の私もそうでした。それはね、そういう痛くないお産があるっていうのを知らないから。それだけ。知ってるか知らないかの違いで、お産に対しての向き合い方も違ってきて、更にははその後の子育てにも影響があります!!

痛くない出産法とは?

それはソフロロジー式分娩法です。簡単に説明すると、陣痛の痛みに対し、身体が硬直してしまうとお産は長引いてします。しかし、陣痛が来る度に身体をリラックスさせる事で、スムーズなお産へと導きます。一重にリラックスといっても、単なるリラックスではなく、布団に入りまだ意識がある状態から、眠りに落ちるあの瞬間、半分寝てる?いや、意識ある?な状態の事。陣痛中にあの状態のリラックスが出来れば、スムーズな出産となる事でしょう。

幸せな出産とは?本当に出来るの?

これはね、自分で創り上げるものです。イメージトレーニングが大事です!

バースプランとも近いですが、自分が想い描く、赤ちゃんを迎え入れるその瞬間をどうしたいか。好きな人や友達に喜んでもらいたいと、色々用意したりプレゼントを買ったり、手作りで思い出の品を作ったりした事ありますよね? 赤ちゃんにもそうやって迎え入れる用意をしてみましょう。

私の場合は、

Superflyの♪愛を込めて花束をの曲を流し、産まれた瞬間に愛を込めて花束を送る!!

出産時、旦那は不在、私の両親は上の子の世話があるので、1人での出産になる事はわかっていました。なので、せめて華やかに迎え入れたいという想いから。

その結果分娩室に移動してからも、自分で携帯で曲を流し、自分で花束を近くに用意したりと、1人で準備するのは忙しかったですが、それも楽しくありました。

「いよいよだー!!」サプライズで赤ちゃんを喜ばすぞ!って。

ねっ、読んでるあなたもワクワクしません?

出産をワクワクに変える事が出来たら、もう出産が怖いという思いはなくなっています。

是非、赤ちゃんをサプライズで迎え入れるあなたなりの何かを考えてみて下さい。

初めての赤ちゃんなら、「パパと一緒に迎え入れる」でもいいし、ウェルカムボードを作って陣痛中にこっちですよー!!と言うのも楽しい 笑。

是非「出産が怖い」ではなく、出産がワクワクになるようにイメージをチェンジしましょう。

陣痛〜出産は本当にあっという間です。是非楽しんでもらいたいと思います。楽しんだもん勝ちですよ!!

近くにソフロロジー法を扱っている病院がない場合

私は独学でソフロロジー法を学びました。私の産院はソフロロジー法ではなく「フリースタイル」だったので、ソフロロジー法で産みたいと伝えたらOKでした。なので、大丈夫です。独学でも効果は絶大でしたよ。いくつかの本を読んで、ソフロロジー法の音楽を毎日実践すれば、誰でもソフロロジー法で産む事が出来ます。私がソフロロジー法を勉強した本をいくつか紹介します。

幸せなお産について、たくさんの体験談が乗っている本

そしてこちら

そしてソフロロジー法のCDはこちらで購入出来ます

これだけ揃えれば、あなたも出来ます!本の中にも書いてありましたが、「私にも出来るかな?」ではなくて、「私も幸せお産をする!」と、決めるのです。覚悟を決めるのです。あなたにも出来ます!ファイト!!

まとめ

私自身が1人目の壮絶な出産でお産トラウマを抱き、誰よりも「出産が怖い」と思っていました。しかし2人目を妊娠したタイミングで、ソフロロジー法を知り、必死に学び、結果穏やかに出産、幸せなお産が出来ました。お産トラウマを抱いた私にも出来たのですから、誰でも出来ると思います。しかも私は独学で勉強しましたから! 世の中に1人でも幸せなお産が出来るお母さん達を増やしていくお手伝いが出来れば嬉しいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る