海外でサッカーの試合を初観戦。息子がエスコートキッズに挑戦!

こんにちは、イワです。
生後6ヶ月の娘が一番大好きな人は、どうやらお兄ちゃん☆☆ お兄ちゃんが帰って来たり、一緒に遊んでくれるとケラケラと笑い声をたてて楽しそう。ママと遊ぶ時は、ニンマリ笑顔なだけで声を出して笑わない…。しかーし、肝心のお兄ちゃんは、どちらかというと年上の子と遊ぶのが好きなので、あまり妹と遊ぶのは得意でなさそう。これも試練かな。これからも兄弟仲良くいて欲しいです!

さて、今回はカンボジアのサッカーチームを紹介します。カンボジアのアンコールワットがあるシェムリアップには日系の企業が経営する2つのサッカークラブチームがあります。その名も「アンコールタイガーFC」と、本田圭佑氏が共同運営する「ソルティーロアンコールFC」。今回は息子が日本人補修校に通っている関係で、エスコートキッズのお誘いを受け学校に通っている同じ日本人の子供達と一緒に参加しに行ってきました!!

 

シェムリアップのサッカーチームを紹介

アンコール・タイガースFC

チームカラーがオレンジの2013年成立の日系クラブ。どうりでサッカー会場も日本人が多いんですね。この日も観客はカンボジア人か日本人しかいませんでした。所属している日本人選手も5人いらっしゃいます。2018年10月現在、5勝8負7分けで、8位と低迷。がんばれっ!!アンコール・タイガースFCの公式HPはこちら→ http://angkor-tiger.com 

ソルティーロ・アンコールFC

先にも述べましたが、日本代表の本田圭佑氏が共同運営するチームです。チームカラーは黄色。カンボジア選手の他に日本人選手3名が所属してます。息子がエスコートキッズで手を繋がせてもらった選手はキャプテンの藤原賢土選手でした。ありがとうございます。これを気に覚えます!優しく最後までエスコートしてもらいました。ソルティーロ・アンコールFCの選手達は毎週土曜日に子供達のサッカー教室を開催しています。しかし夕方6時から7時までなので、息子はまだ3歳なので通わせていませんが、大きくなったら通わせたいと思ってます!
ソルティーロ・アンコールFCの公式Facebookはこちら→ https://www.facebook.com/soltiloangkorfc/

シェムリアップスタジオの詳細

場所は国道6号線を北(プノンペン)方向に向かった場所で、市内の中心からは少し離れております。バイクで向かおうと思いましたが、初めてで遠いので友人の車に乗せて頂きました。

入場料は1$。入場料を安くして、たくさんの人に来てもらおう作戦だと思います。高く設定してもカンボジア人が集まらなければ盛り上がりませんからね。サッカーはどこの国も地域密着型です。しかし実際行ってチケットを買おうと思ったら「フリーチケット」と言われ、無料で入場。1$でも安いのに無料とは驚き。

観客席は、日本のサッカー場のような席を想像していましたが、ここはカンボジア。そう、コンクリートで出来た階段席。天然の岩盤浴が出来るくらい暑かったです。

芝生は、うん。特にコメントなしで、こんな感じです。芝生は想像通りな感じでした。

 

カンボジアのその他のサッカーチーム情報

カンボジアリーグの情報を少し。なんとカンボジアリーグ開始年は1982年でした!日本のJリーグは1991年開始なので、日本のJリーグよりも前に発足していたとは驚いた。

チームは先程のシェムリアップの2チームの他に、カンボジアの首都プノンペンに8チーム。「国防省FC」というチーム名も有り。その他に2チームがあり、計12チームも存在していた。一番優勝回数が多いのは「プノンペン・クラウン」だそうです。
そして過去2回日本代表とも対戦していますが、2回とも日本代表の勝利!試合終了後、カンボジア人選手がすぐ日本代表の本田選手や香川選手にユニフォーム交換を依頼していたのを見て、日本代表の選手が世界から憧れる存在になったんだな〜と、なんだかじんわりしちゃいました。現在カンボジア代表のランキングは180位。あとは上がっていくのみ!! 応援していきましょう!!

 

まとめ

今回は息子のサッカーのエスコートキッズ参加に伴い、カンボジアのサッカークラブチームを紹介しました。私自身シェムリアップに在住しておきながら、存在をあまり知らなかったので、知ったからにはこれからも応援していきたいと思います。また日本代表とカンボジア代表が戦う日が来る事を願っています!!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る