子供のパスポート写真。アプリを使って自宅で撮影する時のポイント

私はカンボジア在住ですが、2人目を日本で出産しました。その後生後3ヶ月でカンボジアに戻る為に、生まれてすぐパスポートを申請しました。赤ちゃんの写真は難しいですが、アプリを使い、自宅で機嫌が良い時に撮影する事20枚以上、どうにかカメラ目線の写真が撮れました!!しかしいざパスポート申請で、写真を提出したら職員さんがいぶかし気な表情…。何が合った??? 今回はアプリを使ったパスポート写真の撮影方法についてお話します。この記事を見ると

  • 証明写真が撮影出来るアプリを紹介
  • パスポート写真の規定、撮影する時の注意事項
  • 私が提出した娘のパスポート写真は無事に通った??

です。それではいってみましょう。

 

証明写真が撮影出来るアプリを紹介

私が使用したアプリは「履歴書カメラ」です。証明写真が自分の携帯で撮影出来るなんて、時代も変わりましたね〜。でも友人や姉にアプリで撮影したやつで、審査通るの?と言われましたが、サイズや背景等の規定を守っていれば、きちんと通りますよ。

 

パスポート写真の規定と注意事項

パスポート申請用写真の規格等(※外務省のHPより抜粋)

  • 申請者本人のみを撮影したもの
  • 6カ月以内に撮影したもの
  • 正面、無帽、無背景
  • 縦45ミリメートル×横35ミリメートル(ふちなし)
  • カラーでも白黒でも可
  • 鮮明であること(焦点が合っていること)
  • 明るさやコントラストが適切であること
  • 影のないもの
  • 顔の縦の長さは、写真縦の70~80%(34±2ミリメートル)であること
  • 背景と人物の境目がはっきりしていること
  • 眼鏡のレンズに光が反射していないこと
  • 平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
  • 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
  • ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないこと
  • 変色していないもの、傷や汚れのないもの
  • デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

乳幼児を撮影する場合の注意事項

乳幼児の撮影の際、椅子に座れないなど一人での写真撮影が難しい場合、無地で淡い色のシーツなどに寝かせて、上方から撮影してもかまいません。

私が提出した娘のパスポート写真は無事に通った??

実際私がアプリで撮影しプリントアウトした写真はこちら

背景は無地、カメラ目線、サイズもパスポートサイズでよし! コンビニでプリントアウトしこの写真を提出しました。ところが・・・

 

注意!写真のサイズだけでなく、顔の大きさのサイズも規定がある!

職員がいぶかしげな表情。やっぱりアプリだからいけないのかな?と思いましたが、どうやら写真に対し、「顔が大き過ぎる」「余白がなさすぎる」が問題のようでした。どうやら写真のサイズだけでなく、写真に映る顔の大きさ(あごから髪の毛のトップまで)にも規定がありました。そこまでは確認しなかった…。反省。その後、その方の上司も確認に来られ、上記の理由で受理出来ないと一度言われましたが、カメラ屋さんでの証明写真は座れない子は無理だと却下された事や、生後2ヶ月も加味して頂き、今回は特別にということで、受理して頂きました。感謝!皆さんも写真の大きさだけでなく、顔の大きさにも注意して下さい。余白も大切です!!

 

まとめ

今回は子供のパスポート写真のアプリを使って自宅で撮影する時のポイントをお伝えしました。出来る事なら一回で受理され申請されると嬉しいですよね、子連れの場合は特に!その為には、事前に規定を把握し、チェックポイントをしっかり抑える事が大事です!スムーズに受理される事を応援してマス!!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る