お腹の赤ちゃんとコミュニケーション。メッセージを受け取る方法

こんにちわ、イワです

皆さんお腹の赤ちゃんとお話したりコミュニケーションが出来るって知ってますか??? 一方的にお母さんから話しかけるだけでなく、赤ちゃんからも返事が来ます。お腹に居る赤ちゃんは全員お母さんにメッセージを送っています。そのメッセージをお母さんが受け取れるかどうか、気付くかどうかにかかっています。妊娠中から赤ちゃんとコミュニケーションがとれていれば、妊娠中だけでなく、出産の時も、そして生まれてからも良い関係が築けます。私は妊娠中から積極的にコミュニケーションをしていたので、出産時も、「病院に行くタイミング」と「行くよ!!」と出てくるタイミングをキックで教えてくれました!! 今回はおなかの赤ちゃんとコミュニケーションの仕方や、メッセージの受け取る方法をお伝えします。

この記事を読むと

  • お腹の赤ちゃんとコミュニケーションの仕方を学べる本の紹介
  • 実践!まずはお腹の赤ちゃんに話しかけてみよう!
  • 実際私が妊娠中に実践していた、コミュニケーションの方法

がわかります。それではいってみましょう!!

 

 

お腹の赤ちゃんとコミュニケーションの仕方を学べる本の紹介

私がお腹の赤ちゃんとコミュニケーションをとってみよう!と思ったきっかけの本は、こちらです。

そしてこの本の中にも紹介されていた「ママと、生まれるまえからお話できたよ。」も読みました。

実践編!まずはお腹の赤ちゃんに話しかけてみよう!!

こちらの本には、わかりやすいやり方がのっているので参考にして見て下さい。

何も難しい事はありません。お腹に手をあてて、「会えるの楽しみだね〜」「今何してるの?」「ママとパパの所に産まれてきてくれてありがとう」「大好きだよ」等、あなたなりの思い付く言葉を話しかけてみて下さい。この時に、ネガティブな事は話さない方が良いと思います。赤ちゃんは全部聞いてますから。赤ちゃんは本当にお母さんの気持ちがダイレクトにわかってますよ。そこで一方的に話しかけるだけでなく、赤ちゃんが今どういう気持ちか、どういう言葉を返してくれるか想像してみましょう。暖かい気持ちになったら「赤ちゃんも楽しみにしてるの?ありがとう、ママも楽しみだよ」等、会話を続けてみて下さい。もし何も感じなかったら「あれ?今は寝ているのかな?安心してたくさん寝ててね。また起きた時お話しようねー」等、会話を続けてみて下さい。そしてなんか文字を書きたくなったり、絵を描きたくなったら思いのままに書いてみて下さい。どこかへ行ってみたいなら行ってみて下さい。それが赤ちゃんのメッセージです。よく妊娠すると、ある食べ物が無性に食べたくなって、毎日食べた!とか、聞いた事ありません?? 私もそうでした。トマトが食べたくて食べたくてしょうがなかったのです。トマトを食べたら、「ぷはー!!」と、まるで仕事終わりに飲むビールのように、美味しく、食べたー!!っという気持ちになってました。しかし産後にトマトを食べても、「うん、トマトだね・・・」となる。本当、不思議ですね、妊娠中は。

実際私が妊娠中に実践していた、コミュニケーションの方法

私はノートとペンを使ってひたすら文字でのやりとり。日記を書いているような感じ。最初の頃は、質問事項を決めて、答えてもらいました。
Q Luna(娘の名前)からママに何か伝えたい事は?
「毎日お話ししたいってだけかな。たくさんお話ししよ。貴重な時間だから」

dav

この写真のページには食べ物の事が書かれています。

 

「ラーメンはすきじゃない。うどんならいいけど。お肉好き、チョコ好き、ヨーグルトも好き、れんこんやごぼうも好き。ハンバーグは好きじゃない。あまり食べ過ぎるのは困る。焼き肉はもういいや。タイ料理も食べたいの?私が産まれてからにして。」

 

「和食はおいしいよね。ママの身体にもあっているよ。アイスはダメ。ホットコーヒーも好きじゃない。お茶があってるよ。」

 

他にも産まれて来る日に関しては「3月5日の週に産まれるよ」と教えてくれました。予定日は3月13日でしたが、3月9日に産まれて来ました。

 

その他にも、たくさんお話をしました。色々質問して、色々答えてもらう。たまに逆質問もあったりと、どちらかというとアドバイスの方が多かったかな?妊娠期間に実に2冊分のコミュニケーションをとりました。これは私の宝物です♪

 

これは一例なだけで、「絵」で表現する人もいるし、赤ちゃんに質問したら「視覚」としてふと頭の中にイメージが湧いてきたり、たまたま見たテレビや本や街中の看板等でメッセージを教えてくれる子もいます。そのお母さんがわかりやすい受け取り法を赤ちゃんは知っているので、2人だけのコミュニケーションツールを探して、そのパイプをどんどん太くしていけば良いと思います。正解も間違いもありません。

 

そういえば、こういうコミュニケーションもありました

 

私「どうしてもジャンクフードが食べたい。食べてもいい?」
赤ちゃん「食べてみれば?」
私「わーい!ありがとう!いただきまーす!!」

 

しかし数時間後、激しい吐き気に寝込む

 

赤ちゃん「わかった?」
私「はい、もう食べません」
私の赤ちゃんは時に厳しかったです。言ってもダメなら、やらせてみて後悔をさせる強者の赤ちゃんでした 笑
是非おなかの赤ちゃんと楽しみながらコミュニケーションをとってみて下さいね!!

まとめ

今回はお腹の赤ちゃんとコミュニケーションの取り方やメッセージの受け取り方法を紹介しました。こんな事出来るの?と驚いた方もいるかな?でも実際、私は妊婦生活も出産時も赤ちゃんの言われた通りに過ごした結果、全てがスムーズに進み、過度に不安になる事もなく、妊娠中から出産までを安心して心穏やかに過ごせました。妊娠中から積極的に赤ちゃんとコミュニケーションをとる事は、赤ちゃんを信じる事にも繋がるので、親子の絆をより強いものしてくれます。是非妊娠中からお腹の赤ちゃんとたくさん話し、たくさんんのメッセージを受け取ってみて下さいね!

 

マタニティーフォトを撮るなら【スタジオエイメイ】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る