【海外で妊娠】外国で出産か、日本へ里帰りして産むか悩んでいる方へ

国際結婚をしそのまま海外移住生活。そんなある日、嬉しい事に妊娠発覚!そして次の問題!そのまま海外で産む?日本に里帰り?出来ればこのまま海外で産みたいけども……どうしよう??????

とお悩み中のあなたへ向けて。

  • 私が海外カンボジアで出産する事を決めた理由
  • 周りからの反対意見を一蹴りする言葉をシェア
  • 海外で出産する事を決めたら、私がお勧めする出産方法

私は第1子をカンボジアで、第2子は日本で出産しました。出産において両国の良さと、大変さを経験しました。結論からいうと、どこの国で産むかは関係なく、自分自身の心のモチベーションが大切です。妊娠や出産はお母さんと赤ちゃんが主役です。他人の意見に惑わされず、自分が産みたいように産むのが一番です。

 

私が海外カンボジアで出産する事を決めた理由

私はカンボジアで結婚してすぐ妊娠しました。そして出産はそのままカンボジアでしようと妊娠前から決めていて、私の両親にも伝えていました。理由はシンプル。旦那と離れたくないから

日本で里帰り出産をしたら、多分最低でも4〜5ヶ月は日本に滞在し、離れて暮らす事になるでしょう。それは嫌。

妊娠や出産はママの心や身体にと〜〜てもデリケートだから、自分が安心する方を選んで欲しい。

私にとっての「安心」は、日本での出産よりも、旦那が一緒にいる方が安心するから、カンボジアで出産する事を選びました。

「旦那にこっちで産んで欲しいと言われたから海外で出産する」とか、「両親が日本の方が安心だからと言われ、日本で出産する」とか、旦那や両親といえど、他人の意見で決めず、自分の意見や赤ちゃんの意見を尊重して決めて欲しいと思います。

 

周りからの反対意見を一蹴りする言葉をシェア

私も周りの意見で「カンボジアで出産する意味がわからない」「リスクしかない」等言われたよ。多分アドバイスなんだろうけど。私は自分と違う意見は、右から左にスルー出来る性格なので、ほとんど気にしなかったけど。

その中でとても良い意見があったのでシェア。
「カンボジアでは日々、日本よりも子供が産まれているから『出産』は大丈夫でしょう。ただ出産後に子供に何かしらの病気が発覚したり、何か問題があったら、それは日本で治療した方がいいと思う」との意見。

超納得〜!!って思った。それ以来「なんでカンボジアで出産するの?」と言われたら、この意見を伝えれば人々は納得してくれたので、周りの人に何か言われたらこれを言いましょう!!

それに日本で産めば全員安全で安産で産める保証はないしね。

 

海外で出産する事を決めたら、私がお勧めする出産方法

それはずばり!ソフロロジー式分娩方法です。海外にいるとかは関係なく、独学で勉強し実践すれば誰もが習得出来ます。
ソフロロジーに関する記事はこちらを参考にどうぞ。ソフロロジー式分娩法まとめ

 

まとめ

妊娠や出産はどこの国にいたって、不安はつきものです。日本で産むからといって「不安がゼロ」の人はいないでしょう。そしてどこの国でも子供は産まれます。高いお金を出して出産すれば「安産」になる訳でもありませんし、カンボジアのように出産費が無料の所で産んだとしても元気な赤ちゃんは産まれてきます。赤ちゃん自身の生命力の強さや、ママの心の穏やかさや、ママと赤ちゃんとの絆も必要です。是非自分で決断した選択を信じ、赤ちゃんも信じながら楽しい妊婦生活を送って下さいね。応援しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る