【生理】ナプキンの痒みやかぶれの悩みを解決出来る!【布ナプキン】

こんにちは、イワです。

毎月生理が来るのも憂鬱なのに、生理用ナプキンを使うと3日目ぐらいは痒みやかぶれで、更にストレス増。布ナプキン?興味あるけど、なんだかメンドクサイし、手洗いは嫌だな…、でもかぶれるのも嫌だ・・・。

そんな無限ループのデリケートなお悩みをお持ちのあなたへ。

この記事では

  • 生理用ナプキンでかぶれる原因
  • 布ナプキンなら痒みやかぶれ、あの嫌な匂いともおさらば!
  • 意外と簡単だった♪♪布ナプキンのお洗濯♪♪
  • 布ナプキンの心配事いろいろ。
  • 布ナプキンのデメリット・メリットをあげてみる

を紹介します。

私は出産後からデリケートゾーンのかぶれ&膿みが出来るようになってしまい、病院へ行くのも嫌な時期がありました。生理用ナプキンを使用しはじめたその日の夜にはヒリヒリするようになり、このままじゃヤバいっ!と、即布ナプキンを購入してみる事に。始めは使用後の布ナプキンを洗濯する事に抵抗がありましたが、それ以上にデリケートゾーンの痒みやかぶれが治まった事の方が私には快適でした。薬を塗っり、一時的には治っても、また翌日にはまた繰り返す。そういう人は一度布ナプキンを試してみて下さいね。

 

生理用ナプキンでデリケートゾーンがかぶれる原因

その名もデリケートゾーン。他の皮膚と比べても特に薄い部分。痒みやかぶれの原因のほとんどは、ムレによるもの。なぜなら生理用ナプキンはポリエチレンやポリエステル等の石油素材で作られています。そしてシートの下にビニールを貼っているため防水性は高いが、通気性が悪いのでムレやニオイが発生しやすいのです。

布ナプキンはその名の通り布を重ねて縫い合わせただけのシンプルな構造。やさしい肌触りであたたかい。オーガニックコットンを使った布ナプキンもあり、やさしい肌触りであたたかい通気性が非常に良く、普段使用している下着と同じような感覚で使用出来ます。

布ナプキンなら痒みやかぶれ、あの嫌な匂いともおさらば!

石油原料で作られている使い捨てナプキンは、時間が経つと最下層のビニールに閉じ込められた経血や汗に細菌が繁殖することであの独特でイヤな臭いが発生します。そして驚く事に、生理用ナプキンには冷えピタなどでおなじみの、冷却ジェルが使われています。なので蒸れているのに冷えているという不快感!冷えピタを生理用ナプキンしか使った事が無い人には、それが当たり前の感覚だと思いますが、私も初めて布ナプキンを使用して、一晩過ごし、朝起きた時に感じたのは、「あれ?あったかーい」でした! 取り替える時も、嫌なにおいがしないのにも驚きました。私は布ナプキンを使用してからは、デリケートゾーンのトラブルはなくなりました!!そう、ゼロになりました!体質が変わったわけではなく、布ナプキンを使用する事でかぶれなくなっただけ。また市販の生理用ナプキンを使用したらかぶれるかもしれないと思うと、もう怖くて使用出来ないです。

意外と簡単だった♪♪布ナプキンのお洗濯♪♪

ステップは3ステップ。軽くもみ洗い → 付け置き → すすいで洗濯機へ そして乾かす。

付け置き時に、アルカリウォッシュや、専用の洗濯洗剤を一緒にいれるだけで、驚くほどおちます。付け置き時間は3時間〜半日程度。
私はお風呂の時に、その日使った布ナプキンをまとめて軽く洗い、そのままバケツに入れ一晩付け置き。翌朝、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗います。ゴシゴシ洗う必要もありませんし、そこまで大変な作業ではありませんよ!!

 

布ナプキンの心配事いろいろ

漏れないか心配

市販の生理用ナプキンと比べると、吸収力は劣ります。なので、交換回数をこまめにする必要はあります。最初の内は私も心配で、1時間毎にチェックしたりしていましたね。「大丈夫ですよ!」と言われてもやっぱり心配なもんは心配。それならば、いきなり全部布ナプキンを使用するのではなく、量が少なめの日のみ布ナプキンを使用してみる。休日や、家にいる時だけ布ナプキンに変えてみる等、少しずつ布ナプキンを取り入れてみて下さい。市販の生理用ナプキンの使用回数を減らすだけでも肌への負担は軽減されます。どうしても心配な場合は市販の生理用ナプキンを下につけておく事も可能。要はデリケートゾーンに、化学繊維が触れていなければムレやかぶれは起こりにくくなります。

布ナプキンは高い!?

確かに初期費用で全部購入すると、いきなり2万円近くの出費になります。しかし、毎日使用するものではなく、月1回の生理時に使用するだけなので、使用可能年数は3年〜5年。そうすると結果的には布ナプキンの方がお得となります。自分の身体の事を思えば、高額過ぎるという訳ではありませんね。

 

布ナプキンのメリット・デメリットをあげてみる

まずはデメリットから

  • 自分で洗濯する手間がある。忙しい時期には生理にあたると面倒…。でも洗わないと翌日の布ナプキンが使えなくなる。
  • 外出時には使用済みのナプキンを持ち帰る事になる。
  • ボタンで止めるタイプではなく、ただ1枚下着に置くだけのタイプだと、交換時に便器に落としてしまった事が2度あります。

きっと誰もが1度や2度の失敗を経験し、次に繋げていると思いますので、最初の頃に失敗して「やっぱり布ナプキンは嫌だ」と挫けないようにして下さい。デメリットがゼロではないですが、それ以上の効果もたくさんあります。

 

布ナプキンに変えて、得られる効果 ※個人差有り

  • 生理中の冷えがなくなり、生理痛が緩和した。
  • デリケートゾーンのかぶれや膿みは、布ナプキンに変えて以降、出なくなりました。
  • 生理のにおいが気にならない。
  • 第2子出産し、産後の悪露にも私は布ナプキンを使用していました。私は悪露が長引き、3週間近く布ナプキンを使用していましたが、産後で特にデリケートになっていた部分ですが、かぶれたりはしませんでした。もし市販のナプキンを3週間あて続けていたら、恐らくかぶれていたでしょう。産後で毎回洗濯は大変!? 実は、購入した布ナプキンではなく、古くなったタオル使い、簡易な布ナプキンを作りました。使用後はそのまま捨てていたので、手作りの使い捨て布ナプキン!。詳しくはこちらをご覧下さい。

デメリットもありますが、メリットや効果の方に目を向ける事が重要です。自分の身体の事。自分が目を向けないで、誰が見てあげるの?是非自分で自分の身体を大切に扱ってあげて下さいね。

 

お試しセットも有る!布ナプキンショップを紹介

やはり最初は皆考える事は一緒です。本当に布ナプキンで大丈夫かな?いきなり全部買い揃えるのは不安という方の為に、軽い日用や自分にあったサイズやタイプを知りたい方にお試しセットを扱っているお店があります。こちらnunonaのお試し3日間セット
まずは一度使ってみて、使い心地や洗濯など慣れてきたら、追加して購入するもよし。布ナプキンだけでなく、洗濯で使う「アルカリショッシュ洗剤」と使用済みナプキンを携帯するポーチ「携帯防臭チャック袋」もお試し3日間セット内に入っております。お試しセットを扱うという事は、自信の表れ。それほど自社の製品に自信があるんだな〜と感心致しました。アッパレ。皆様一緒に布ナプキン生活始めませんか?

 

まとめ

今回はナプキンによるかぶれや痒みで悩んでいる方へ、私も効果絶大だった布ナプキンを紹介しました。買おうと悩んでいる方は、まずはお試しセットを購入する事をお勧めします。布ナプキン生活では「慣れ」も必要です。そして絶対に市販のナプキンより、布ナプキンの方が身体や肌には優しい事は間違いありません。毎回薬を使うより、肌を荒れなくする事を選びませんか??

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る