【おすすめ】一人暮らしでもウォーターサーバーで楽しい快適ライフ。

 

家にあったら嬉しいウォーターサーバー。でも一人暮らしだと必要ないかな?飲みきれないかな?高いかな?一人暮らし用なんてないかな???

こんな悩みを抱えている人へ私の体験談をお答えします。
この記事を読むと

  • 起きてすぐお湯や冷たいお水が飲める!だけど私は白湯派でした(爆)
  • ボトルを毎月2個以上飲みきる為には、料理にも使えっ!
  • 毎日ペットボトルを買うよりお買い得。難点は家から持参するのが重い…。

 

私は21歳から一人暮らしを始めアラサーになるにつれて、だんだん収入も増え、自分の身体や健康にお金を使う事が増えて行きました。以前紹介した有機野菜宅配サービスのらでぃっしゅぼーやもそうですし、そして今回紹介するウォーターサーバーもそのひとつ。カンボジアへ移住するまでの3年間近くずっとウォーターサーバーを利用していました。だって、超便利ですもん。超快適ですもん。何が快適なのかこれから詳しく説明していきますね。超お勧めですよ(←しつこい)

 

起きてすぐお湯や冷たいお水が飲める!だけど私は白湯派でした(爆)

毎日のルーティーン。起きてすぐお湯少々に冷たい水をブレンドし、一気にコップ一杯の白湯を飲む。これが私の1日の始まるである。それから朝食はだいたいご飯+納豆、そしてインスタントのお味噌汁を食べる。はい、ストップ! ウォーターサーバーの素晴らしさがここにひとつ含まれていましたが、気がつきました?? そう、インスタントの味噌汁。お湯があるから即お味噌汁が作れる&飲めるのです。毎朝時間がなく&猫舌の私は、少々の冷水をブレンドしお味噌汁を作ってました(ブレンド好きかっ) お湯を沸かす作業や時間も必要なし。しかも一人暮らしならいちいち自分の為にお湯を湧かしてる場合じゃない!という気持ちになりますが、ウォーターサーバーのお陰で、優しい朝の時間が始まります。うん、優雅な一時♪♪

 

ボトルを毎月2個以上飲みきるには、料理にも使えっ!

私が契約していた会社クリクラは最低月2本以上頼まないと、送料がかかるので毎月2本頼んでいました。
なので毎日水筒にウォーターサーバーのお水を入れて持参。ここでもひとつポイントがあります。冷水のみを水筒に入れると、冷たくて水滴が出てくるのでかばんに入れるのはちょっと困っちゃうのです。私がお勧めするのは、そう「ブレンド」笑。冷水だけでなく、最後5cmぐらいお湯を入れる事でほどよい温度になり、そこまで水滴が気にならないですよ!
そして一人暮らしだと毎日水筒を持参しただけでは、2個は飲みきれないです(経験談)やはり、料理にも使わないと。カレーやシチューや、野菜スープ等(←作り方全部同じww)、インスタントラーメン(今回2度目のインスタントっ)素麺のめんつゆスープ(微量過ぎっ!)を作る際は、ウォーターサーバーのお水を使用していました。このように少し努力をする事で、毎月2本使い切っていましたヨ。一応伝えておきますけど、勘が良い人はもうお気づきかもしれませんが、私は料理が得意ではありません。

 

毎日ペットボトルを買うよりお得。難点は家から持参するのが重い…。

仕事でも遊びでも外に出かけたら、必ず飲み物は飲みますよね?それを家から持参した水を飲むか、コンビニで購入するか。私が利用していた会社はクリクラでしたが、このお水料金は1本12リットルで1250円。なので単純計算で500mlで約52円です。ね?安いでしょ?

難点は家から持参するので、重いって事ね。私は駅から家まで25分の距離を毎日徒歩通勤。理由は単純、自転車を盗まれたから。これ夏場はね、水を持参し、汗をかきながら駅に辿り着き、そして水を飲むと、もう残りが少ない…。何してんだろ自分?と思った事はあります。

あっ、あと難点といったら、12リットルのペットボトルを交換する時ね。自慢じゃないですが、私は力持ちではありません。当時は彼氏持ちでもなかったので、自分で交換しなければいけなかったのですが、腕の力だけでは出来ず、足も使って「ウオリャー」と交換していました。友人にこのことを相談したら、不憫に思ったのか交換してくれました。同じ女性でも腕の力だけで交換出来ていました。

現在は女性用に半分の6リットルが販売されてたので、力に自信がない人や腰痛持ちの人は是非こちらを。
力に自信がある女性は12リットルでもいけますよ。

 

まとめ

今回は一人暮らしでウォーターサーバー生活の色々を説明しました。身体に良い事しているし、お金も安いし、家にウォーターサーバーがあるだけでオシャレ度が増すし、料理上手に見られるしと良い事尽くめです。一人暮らしじゃ、もったいないかな?なんて思わず、是非ウォーターサーバー生活を楽しんでみて下さい。楽しんだもん勝ちですよ!!

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る