カンボジアの実家の庭にはマンゴーの木やドラゴンフルーツの木があるよ

カンボジアの義実家のお庭には、色々な樹が植えてあります。

ココナッツやマンゴー、ドラゴンフルーツ、ジャックフルーツ。

息子はドラゴンフルーツがお気に入り。自分で勝手にモいで、おばあちゃんに剥いてもらう。

我々にとっては何気ない日常ですが、日本の友人にこれらの写真を送ると驚かれます。そりゃそうですよね。

 

中でもマンゴーの食べ放題は、相当羨ましがられます。
「マンゴーが成りすぎたから食べて!」とよく頂きます。

カンボジアでは毎年3月〜5月は、マンゴーが余っています 笑。採れすぎて余ってます。

余ってるなら日本に輸出すればいいのになーと単純な私は思いました。しかしやっぱりそうですよね。
日本でフィリピン産バナナはあんなに輸入しているのに、マンゴーは一切見かけない理由。
日本では「マンゴーは輸入禁止」でした。マンゴー特有の害虫がいるんだとか。

 

日本では暖かい九州地方でマンゴーやドラゴンフルーツを作ってますね。
この記事を見てどうしても食べたくなったらポチって下さい 笑

自宅でマンゴーを食べたい方は是非☆☆



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る