【海外で出産】病院の費用はいくら?日本との違いが多すぎる!

産婦人科検診・妊娠初期から臨月までの様子

2014年3月、妊娠6週目あたりで、シェムリアップにある産婦人科へ出向き、妊娠が確定。

そして妊娠8週目には赤ちゃんの心音が確認出来るネットで調べて情報を得る。

妊娠8週目になり、再度産婦人科へ出向き、エコーをしてもらうと「小さ過ぎて、心臓の音ぐらいしか確認できないよ!何しにきたの?」と、先生は怒り口調でしたが、私は心音が確認出来て嬉しかったので、「それでいいです。ありがとう。」と笑顔で帰宅。

このように、海外では自分から病院へ出向かなければなりません。日本のような妊婦検診スケジュールはありません。「次はいつくればいいですか?」と訪ねるも、「6ヶ月過ぎたぐらいで一度確認においで。でも何かあったらすぐにおいで」と。「エコーは赤ちゃんにとってストレスになるから、あまりしない方が良いのよ」だって。優しいんだが、そうでないんだか…。

それから妊娠5ヶ月過ぎまではとにかく悪阻との戦いでして、悪阻があるという事は妊娠は順調なんだろうな…と思う事にして、数ヶ月をやり過ごす。旦那の実家から栄養満点のココナッツを枝ごと頂き、そして悪阻中はマンゴーしか食べれなかったので、毎日ココナッツとマンゴーを食べる日々が続く。

そして妊娠6ヶ月で再度病院へ行き、エコーをしてもらうと、ちょうど赤ちゃんの手が耳の所にあるような体制。「ほらっ、エコーを嫌がって耳を塞いでいる!」と先生。「男の子ね〜。はい問題なし」以上。あっけなく男の子だと告げられました。

そうそう、カンボジアにも母子手帳なるものが一応あります。こちら。うん、わからない…。

その他、一度お腹がボーリングのボールのように固くなり即病院に駆けこんで診てもらったり、初めての妊娠でただでさえ不安だったので、病院で「大丈夫」と言われると安心するという事もあり、6〜7回ぐらいはお世話になりました。

こちらの病院ではお産は取り扱っていなかったので、臨月までお世話になりました。

お産する病院へ、事前に見学へ出向く

やはり一度お産する病院を見学したくて、その病院に旦那の従兄弟が働いていた事もあり、いざ見学へ。
ついでに検診もしてもらい、どのタイミングで病院へ来ればいいですか?と先生に訪ねると「お腹が痛くなったらだよ」と、笑顔で教えてくれました。ざっくり過ぎ…笑。

病院は広く、コザッパリした院内。分娩室や産後の休憩室、手術室や、新生児時用の保育器等もあり、「普通」だったのでひと安心。

検診費・出産費用が無料の病院と有料の病院がある

いわゆる貧しい人達向けの病院で、産婦人科だけでなく小児科もあり、受診料や薬を処方されても全て無料。なので毎日すごーーく混んでおります。
そしてカンボジアのシェムリアップには有料の産婦人科、産科もあります。有料といっても私が行っていた産婦人科は、1回の検診で3〜5$程度で、エコー代はプラス7$程度。この病院も毎度30分程度の待ち時間が発生する程の混雑ぶり。そこまで高額ではない為か、ほとんどの患者はカンボジア人です。

そして出産したシェムリアップ州立病院では、私は個室を選び、2泊3日で出産費用を含め200$いかなかったです。(日本はなぜあんなに高額なのだ…!?)同じ日に出産したママは4人。ベットが8個置いてある大部屋も、それなりに埋まるぐらいの患者数でした。

このように、カンボジアのシェムリアップには出産費用が無料の病院もあれば、1000$ぐらいかかるホテルのような超綺麗な病院もあります。

カンボジアの妊婦さん

私は32歳で妊娠しましたが、周りのカンボジア人妊婦さんは20代前半が多かったです。私と同い年の妊婦さんもいましたが、その人は4人目の出産。カンボジアは皆若くして子供を産みます。実際に女性の妊娠適齢期は25歳なので、自然な法則に乗れているなと思います。

そして妊婦でも出産ギリギリまで元気に働き、出産後3ヶ月で職場に復帰するのが通常。赤ちゃんの世話は家族が見るので、カンボジアでは保育園とかは必要なし。若いから体力があるのかな?それともカンボジア人の身体が強いのか?きっと、両方だろう。

私も「子供は義母がみてるからすぐ働いていいよ!」と言われていましたが、働いてた会社は臨月前に退職。会社を辞めたその日に、義母が「次はいつから働くの?」と、まだ産んでもないの聞かれた事にショックを受ける。

そして私の会社退職とともに、今までは市内のアパートに住んでいましたが、カンボジアのとある村での義家族との同居生活がスタートする事となりました。
続く。

ココナッツが気になった方はこちらをチェック!
有機JAS認定ココナッツオイル【ハンズオーガニックエクストラバージンココナッツオイル】

大切な母子手帳を入れる母子手帳ケースのお勧めはこちら
母子手帳ケース「ベッタベビーストア」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る