海外にある村のコンビニは日本より品数が豊富!? 夫の祖母宅を紹介!

旦那の実家がある村は、シェムリアップの市内から、車で15分程離れたとある村。その村に義両親やおばーちゃん家、その他数えきれない程の親戚達が住んでおります。旦那の弟も同じ村の子と結婚したので、もれなく親戚が更に増えたりと、どこまでが親戚ラインなのか、もはや計測不能です。 さて、そんな事は置いといて、今日は旦那のおばーちゃん家が営んでいる「村のコンビニ」を紹介します。

外観はこちら……わかりにくい?

おばーちゃん家のコンビニに置いてある商品は

・ガソリン
・子供達のお菓子やオムツ
・油や砂糖等の調味料
・お米
・薬(腹痛や頭痛等の症状の合わせ、薬を必要な分あげています)
・ろうそくやライター、蚊取り線香
・タバコ(タバコは1箱ずつではなく、3本〜5本ずつ購入してますww)
・氷(村には冷蔵庫がないからね。冷たくするには「氷」は必需品)
・冷えた飲み物類
・薪や炭、掃除用具等

おそらく村で生活するのに必要な生活用品は、ほとんど置いてあります。日本のコンビニより品数が豊富かも!?ってぐらいの品数が置いてある。そしてお客さんの半分は子供。お手伝いで買い物に来る子供を良く見かけます。なかにはお父さん用のタバコを買いにくる子もいたり!お客さんは全員顔見知りだからねっ。たまに買いに来る子供におやつを持たせたりしながら、村全体で子供を育てているってやつですね。

なのでいつ来ても、この村では穏やかな空気が漂っております。

初めてきた時に思ったけど、この村の人達は「時間」で暮らしてない。「太陽」と一緒に暮らしているなーって思う。

…と他人事で終わろうとしておりますが、来年には我々もここに住むのかっ!?

ってか、4年前に1年間旦那の実家に住んでいたけど、過酷過ぎてあまり覚えてない。

 

今日はこの辺で、また村情報をお伝えします!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る