【お勧め】ハンモックでお昼寝!!カンボジア流ハンモックの使い方

「あ〜〜〜、ハンモックに揺られながら風と一緒に眠りたい」と、現実逃避したいあなたへ。家にハンモックはいかがですか??

「いやーでも、くくり付ける場所ないし、そんなスペースもないし、そもそもいくらかわからないし…」と、お悩みのあなたへ。

今回の記事は

  • カンボジア直伝!ハンモックの素晴らしさ
  • 紐でくくり付ける場所がなくても大丈夫っ!自立式スタンド有り
  • 赤ちゃんの寝かしつけに最強っ!カンボジア流ハンモック子育て

私は現在ハンモック社会の(?)カンボジア在住です。カンボジアでは一家に3つ以上は必ずあるハンモック。私も最初は慣れず、ハンモックで昼寝は出来ませんでしたが、今や私も息子も昼寝はハンモックです。ハンモック育ちのカンボジア人夫は、今も布団よりハンモックを好みます。それは暑い国ならではの理由がありました。今回はハンモックの良さを紹介したいと思います。

 

カンボジア直伝!ハンモックの素晴らしさ

通気性が良い

ハンモックは暑い国のイメージがありますが、それもそのはず、ハンモックの生地は編み目のものが多く、通気性が良い!寝ている背中側の生地も編み目なので、熱を逃してくれます。私の夫も子供の時からハンモックで寝ているので、布団は「暑い」とよく言っております。

持ち運びがコンパクト

カンボジアでは木や柱にハンモックを紐でくくり付けて使用する事が多く、いつでもどこでも寝る事が出来ます。日が射して暑くなったら場所を移動するだけ。赤ちゃん連れの家族は、ハンモックを持ち歩く人もいますヨ。

蚊よけ対策がある

ハンモックの生地は2層式になっているものが多く、この生地の間に寝る事で、外でも蚊にさされにくくする構造となっております。

 

 

紐でくくり付ける場所がなくても大丈夫!自立式スタンド!

現在の日本には、そもそもハンモックをくくり付ける場所がないですよね。特に家の中では。そんな方向けにはこちらがあります。

初めて見た時は笑いましたが、確かにこれで落ちにくくなりますね。

注意っ!!「絶対落ちない」ではなく「落ちにくくする為の策」ですので、ハンモックで寝かすときは、赤ちゃんが目を覚ましたらすぐ駆けつけれるようにしておいて下さいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る