【海外で子育て】日本の絵本がある暮らし。親子で読み聞かせをする。

カンボジアのシェムリアップには「アンコール日本人補習授業校」があります。両親、又は片方の親が日本人である子供が通っております。
私の息子も今年の2学期から入学してますが、日本人先生による日本語の授業で、お友達とも日本語で会話する場として、有り難く通わせております。

そしてもう1つ有り難いのが、学校内に保管している絵本や本の貸し出しを行っているのです。「本を買う」と「本を借りる」って違いますよね。今週は生後9ヶ月の妹向けの本を借りました。正直、添付写真の絵本を購入してまで読むかといったら私は「NO」です。しかし借りて読むことが出来るなら「是非読ませたいっ!」となります。

今週借りた本

購入した本をずっと読む事も大切ですが、様々な絵本をたくさん読む事も大切。毎回違う絵本を読む事が可能な本の貸し出しが、ここカンボジアのシェムリアップにもある事が大変有り難い!絵本や本の数は少ないですが、全部の絵本を読む事が目標です!毎日絵本の読み聞かせタイムを楽しみたいと思います!

今週は補習校の保護者達も含めた、クリスマス会&忘年会。
来月は新年会で書き初めやお餅をついたりと、日本人補習授業校では様々な日本の文化を体験させてくれます。用意するのは保護者ですが…。私は面倒くさがりで、自分1人では何もやらないので、せめてこういう行事は張り切って参加していこうと思ってます!!

こちらは1年中暑いので、クリスマス感も年末感もお正月感もゼロですが、良い年の瀬を過ごして参ります。

それでは皆さんも良い年の瀬に向けて、お身体ご自愛下さい!

絵本をお探しならこちらから!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る