私のゾッ!とするスピリチュアルな体験。

今年から自分がスピリチュアルと公表してきましたが、最初から自分がスピリチュアルだった訳ではありません。自分がスピリチュアルだと気付いたのは、そうですね…7年前ぐらいでしょうか?

それまでは、少し霊感がある程度だとは思っていました。一番厄介だったのは、見た事がないんですよ。目に見えて、霊とか光とかを見た事がないんです。それは今も。だからこれは普通に皆が体験している事だと信じて疑わなかった。とはいえ、私は小さな頃から不思議な事はたくさんあった。目に見える形じゃなくて、音で表現(?)してきたり。今回は、今まで私が体験したゾッ!として話を紹介しますね。

その1

日本で車を運転していたら、たまに動物の死骸を目にする事ってありますよね?きっと誰でも。私も1年に何度か目にする程度でしたが、ある時、1日に何度も見て、それが数日続いたんです。さすがにおかしいなと思って、霊感のある人に相談したら、「うん…ちょっとおかしいね。多分それ、他の人には見えてないものだね。数日車の運転は控えるように!」と言われました。…おっと!? 今コレを書いていて気付いたけど、その他にも私が普通に見ていたものが、他の人には見えてない事もあったのかな…??

その2

私が小学生の時、数年前に買ってもらった光で反応して音がなるクリスマスのオルゴールを捨てようと思って、ベランダに出していた。すると真夜中に私が起きて、数秒するとオルゴールがなる。始めは「風で反応したのかな?」と思って、眠たかったしあまり気にしなかった。しかし、それが1ヶ月以上続いた。真夜中に頻繁に起きるのも変だったけど、起きた瞬間は鳴ってなくて、数秒経って鳴り出す。そしてある時気付いたんだ。「あれ?そういえば、日中は一度も鳴らない」って。

その3

夜中1時過ぎに、2階の自分の部屋に行く時に、なんか怖いから早く部屋へ行こう!と走ったら、あきらかに、ピアノの音が聞こえる…。とかね。

その4

友人と九州へ旅行して、その地に降り立った時からゾッと感じていた。ホテルへ入るとゾゾゾっ。友人もいるし気にしないふりをしていたけど、友人の方から「なんか、このホテルちょっと変じゃない…?」という話をされて、私が頷いたら電気がバチバチバチっ!! すぐに話を変えて、明るい音楽をかけて紛らわしていた。そのホテルはユニットバスだったんだけど、シャワー中に洋服やタオルが落ちたりするのが嫌だったから、洋服等が落ちないようにきちんとまとめて洗面台の上に置いてシャワーを浴びました。急いでシャワーを浴び終えて、結局変な音も何もなく、あーよかった〜と思ってカーテンを開けたら、洋服が全部グチャグチャに床に落ちていた…。

超ゾッとしたぜ〜〜〜。私を怖がらさないように、音をさせずに散らかすって、優しいんだか何だか…。

その5

翌日友人とドライブを計画していて、「どこ行く〜?」と電話していた時、地震も風も吹いてないのに、いきなり時計が倒れ破損。あーこれは、ドライブしない方が良さそうだと、近所のスーパー銭湯へ変更。

その6

友人と夜中にある人の悪口で盛り上がっていた。すると、地震も風も吹いてないのに、コップが倒れ、テーブルから落ち破損。しかし私は一部始終を見ていたが、勝手にコップが倒れ、転がり、テーブルから落ちる時に割れた。床に落ちて割れたのではなくて、急にコップにヒビが入り割れた瞬間を見た。

その他

その他、パリ旅行をして綺麗な教会等を見たけど、ここは入っちゃダメな気がする〜と感じる所があったり、ある日引越しする為の家探しで、当時勤めていた会社の最寄り駅で探すつもりで、電車を降りようとしたけど、何かに肩を押されて立ち上がれなくて、降りようと立ち上がりたくてモゾモゾしてたけど、結局立てなくて、扉は閉まってしまった。その後、数駅離れた場所に、ドンピシャな家と出会えました。

20代は金縛りによくあいましたが、怖い思いをしたのは一度だけですね。私の布団の周りを、誰かがずっと歩いている。怖くて目を開けなかったので、見ていません 笑。

と、このように、私は色々と不思議なゾッとする経験をしていますが、一度も霊的な物を見た事はありません(多分)。故に自分がスピリチュアルだと認識するまで時間がかかったんですよね〜。

でもね、それには理由があったんです。私が霊的なものが見えない理由をあるヒーラーさんが教えてくれました。それは私の前世からの悲しいメッセージでもありました。

続く。

最後に

皆さんも今までの人生に置いて、ゾッとした経験は1度や2度はある事と思います。しかし私のように10個以上ある方は、スピリチュアルな自分に気付いていないだけで、実はスピリチュアルかもしれませんよ〜。

〜追記〜 【スピリチュアル】今までで一番ゾクっ!とした話※長編です も興味があれば読んでみて下さい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る