【海外子育て生活】外国でお手伝いさんを雇うといくらかかる?

我が家ではお手伝いさんを雇っております。「お手伝いさんを雇うなんて、すごいお金持ちなんだね☆いいなぁ☆」と言われますが、答えは「いいえ」。日本と海外だとお手伝いさんを雇う金額が違いますからね。

カンボジアでお手伝いさんを雇う場合

我が家のお手伝いさんは週6回来て頂き、1ヶ月130$(約14,000円)です。旦那の村に住む親戚の女性で、彼女の希望は1ヶ月100$でしたが、バイクのガソリン代を含め130$にしました。もう一度言いますが週に6回来て頂き、1ヶ月130$(約14,000円)です。しかも我が家のお手伝いさん(Msトラママ)は、お料理も上手でお掃除も洗濯物も完璧で、3人のママであるトラママは子供も大好き。お手伝いさんとして申し分ない程、完璧な方です。

カンボジアお給料事情…

ここでお給料のお話をしておこうと思いますが、正直我が家ではこのお手伝いさんに1ヶ月200$あげる事も可能です。しかし彼女の希望は100$であり、カンボジアの村ではこれが妥当な給料の額。高額な給料をあげ過ぎても良くないと思います。例えば、トラママの旦那さんも毎日汗水働いてて給料は150〜180$程度。そんな中で「家事手伝い」という、誰でも出来る仕事の方が給料が高いと、周りの士気が低くなります。「英語が出来る」や「勤続年数が長い」等の理由があって給料が高くなるのは納得するでしょう。なのでトラママには長く働いてもらい、毎年給料アップを目指してもらいたいです!!

休日は子連れOK

そしてだいたい日曜日は、お手伝いさんの子供(スレイニアン6歳)が来ます。これは私からお願いしている事でもあります。学校がないワンパク息子が1日家にいると大変で、一緒に遊び相手になってくれるので、すごーーーく助かります。息子のカンボジア語練習にもなり一石二鳥。

デメリットは?

難点をあげるとすれば、やはり文化や知識が違うので、「子育てを任す事は出来ない」です。気にしない人は任せてますが、私は大好きな夫を育てた両親でさえも、自分の子供を任せたくない!と強く思ってしまったので、こればかりは出来ません。いくつかをあげると

  • 離乳食からニンニクたっぷり入れたおかゆを食べさせる
  • チョコレートやコーラーを食べさせる
  • スマホやテレビは、時間を気にせず見せる
  • おもちゃを大切にしない

等、子供が喜ぶ事は後先考えずに与え過ぎてしまう所があります。又、上記の事をやるのは大人が「楽」だからでもあります。

我が家のお手伝いさんトラママも、生後6ヶ月の娘のおかゆに砂糖をまぜてあげたり、4歳の息子にもまもなくご飯だというタイミングで、パンをあげたりします。おやつも「おかわり」というと、いくらでもあげるので、その都度私は注意しております。

海外で良いお手伝いさんと出会う確率は少ない

私の友人にもお手伝いさんを雇っているご家族がいますが、愚痴が耐えません…。悪気なく勝手に何かを持って帰ったり、作業が雑だったりお皿やコップをすぐ割ったり、気付くと数時間昼寝をしていたりと様々です。海外で良いお手伝いさんと出会える確率は非常に稀だと覚悟した方が良いでしょう。

まとめ

海外でお手伝いさんと言っても、日本のようなプロフェッショナルのお手伝いさんではありません。しかし給料は日本のような高額ではありません。
外国人を雇うという事は、文化や知識の違いが必ずあります。それを根気よく教える必要があります。1を伝えて10を理解する事は出来ません。1を伝えてそれを理解してくれれば合格ぐらいの気持ちが必要です!! 海外暮らしは時に大変ですけど、これからも楽しく笑って過ごしていきましょうっ!

もし日本でお手伝いさんを短時間でもお願いしたい!という方は、こちらのサービスをチェックっ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る